害虫を放っておくと…|通販サイトで早めにレボリューションを購入しておこう

通販サイトで早めにレボリューションを購入しておこう

害虫を放っておくと…

カプセルと錠剤

犬や猫に寄生する害虫として有名なのが、ノミ・ダニやフィラリアです。
彼らはサイズも小さく、人間の目では確認できないほどです。
しかし、彼らがペットの身体に寄生したまま放置してしまうと、さまざまな症状を引き起こすきっかけになってしまうのです。

ノミ・ダニは動物の皮膚上に寄生する外部寄生虫です。
宿主の血を吸って生きていますが、1匹から吸われるだけならまだ被害は少ないです。
しかし、彼らの繁殖能力は非常に高く、放っておくと瞬く間に数を増やしてしまいます。
1匹からの吸血量は少なくても、それが数を増やせば当然総合的な吸血量も多くなってしまいます。
それによって貧血や栄養失調などを起こしてしまう危険があるのです。
また、血を吸われた部分は次第に痒みを増し、ストレスの原因に。
我慢できず掻きむしってしまうと皮膚が傷つき、そこから菌が入って化膿する危険もあるので注意しましょう。

フィラリアはペットたちの体内に寄生する内部寄生虫で、主に心臓部や肺動脈といった重要な血管に寄生します。
蚊を媒介にして寄生するのですが、寄生当初はまだ幼虫です。
しかし、血管内に棲みつき、成虫にまで成長されてしまうと、血管が詰まって血行が悪化してしまいます。
これによって呼吸困難や血尿、食欲不振などの重度な症状を引き起こしかねないほか、最悪の場合は死に至ります。

害虫たちによる被害はかなり大きいため、少しでも症状が出始めたらすぐに害虫駆除薬を使って治療してあげるようにしましょう。
そこでオススメなのがレボリューションなのです。